高性能でデザイン性も向上するiPhoneX

iphoneが誕生して今年で10年目の年です。


今年発売されるであろうiPhoneXについての話題、機能の予想がたくさんネットにあふれています。
真実かどうかは自己分析が必要ですが、記念の年にふさわしい製品であると予想されています。



iPhoneXの発売日は9月の第2週から末までにはあると予想されています。



毎年この時期の新製品が発売されておりことから間違いない情報です。



外観を流出した画像といわれるものから予想すると、ホームボタンがなくなるのではと言われています。

ボタンそのものがなくなりディスプレイの中に表示されるようになるみたいです。


ディスプレイが枠いっぱいに大きくなり有機ELディスプレイになると予想されています。

これはこれはディスプレイ自体が発光する機能を持っているもので、背面ライトの必要がなくなり、画面の精度が向上しバッテリーが長持ちし、製品を薄型にできるものです。


また衝撃にも強い画面となるよう硬質ガラスを使用すると予想されています。
大きなきれいな画面で、機能も向上すると予想されています。

背面もいままでのアルミではなくガラス仕様になるのではと言われています。

そしてホームボタンがディスプレイに入り込むため、指紋などの認証をする部位も背面に移動するようになります。
色についてはまだなんの情報も出ていませんが、前回レッドが登場したように魅力的なカラーの登場が期待できます。
見た目もおしゃれで、機能性も向上すすiPhoneXの発売が待ち遠しく感じます。

iPhoneXの革新的なデザインを眺めた時に、一番最初に目を引くのが、これまでに無いOLEDディスプレイの形状です。

フロントカメラ、スピーカー、各種センサーの並んだ箇所にカットが入った斬新なデザインで、左上と右上には、電波状態やバッテリー残量を表わすアイコンなど、さまざまな情報が表示されます。

メインとなるディスプレイは、2436x1125ドットという、独自の特殊なサイズで、それよりも小さな1980x1080ドットの一般的なハイビジョン映像を網羅し、ハイクオリティな動画の再生にも対応しますが、標準規格から逸脱した比率は、今後、さまざまな評価に分かれそうです。


現に、iPhoneXの発表会においても、関係者自らがプレゼンテーションの中で、一部のフルスクリーンの表示が求められるゲームアプリなどでは、アプリケーション側で対応が必要であると公言されており、既にリリースされたアプリは、場合によっては、iPhoneXの解像度に合わせたり、レイアウトを変更するなど、早急な対応が迫られる可能性もあります。

一方、これから新規にリリースされるアプリでは、これまでに無かった解像度から繰り出される視認性や、ARによる視覚効果などの豊かな映像表現に加えて、顔認証によるモーションキャプチャーなど、新たなインターフェイスの活用も可能となり、各アプリケーションデベロッパーによるイノベーションに大きな期待がかかっています。