iPhoneXのデザインと機能について

iPhoneXのデザイン上の変更点としてはまだ正式な発表はありませんが、ケースがアルミ製からガラス製になるのではと予想されています。

またカラーバリエーションにもレッドが加わる予定です。

機能における変更点としては新型ディスプレイの採用を挙げることができます。

またCPUの性能や防水性・防塵性も向上すると考えられます。

新型ディスプレイには従来のモデルに採用されていた液晶ディスプレイではなくOLEDの技術が利用される予定です。


OLEDディスプレイは液晶ディスプレイと比較して薄型化と軽量化が可能なだけでなく、電力消費量を抑えることができます。

液晶ディスプレイには発光装置であるバックライトと液晶が必要でしたが、OLEDディスプレイでは不要です。OLED自体が発光するため部品の数が少ないシンプルな構造となり、iPhoneXの本体も薄型化・軽量化されると考えられます。また消費電力量が少なくなるので、バッテリーの持ち時間も長くすることができます。

OLEDは有機ELという発光現象を利用した新技術です。


有機発光ダイオードや発光ポリマーとも呼ばれますが、新しい技術なので量産体制の構築と技術の安定化に時間が必要です。



OLEDディスプレイの開発と生産の状況によってはiPhoneXではなく次の機種に採用される可能性もあります。

iPhoneXの発売日は一般的に2017年の9月と予想されます。



2017年はシリーズが登場して10周年に当たるため、何らかの発表があるものと考えられています。発売されることが待ち遠しく、楽しみにしている人が多いiPhoneXは、毎年出ているiphoneの中でも、デザイン性が高く、スタイリッシュなことが予想されています。

iPhoneXは、全部がガラスでできている近未来的なデザインになる可能性があるのです。


世界的にも珍しく、デザインの美しさだけでも、他のスマートフォンメーカーとの差別化を図ることができると思われます。ボディがガラスになると、衝撃に弱くなることが心配ですが、落下を察知すると自動でバンパーが出てくるシステムの特許を取得しているということなので、デザイン性と衝撃から身を守る機能性を見ることができるかもしれません。これまでにない機能があるiPhoneXは、発売前にもかかわらず、大きな注目を集めており、すでにインターネットで特別生地になるほど、人気があります。

使いやすさが魅力のiphoneのデザイン性がさらに高まることで、iPhoneXに世界中の注目が集まることが予想されますが、iPhoneXでは、より軽量化されたディスプレイを搭載し、サイズが少し大きくなると言われています。

軽くて、適度な大きさがあり、見やすいことで、操作性や視認性が良くなり、さらに使いやすくなるという訳です。



新しいディスプレイは、自ら発光し、高いコントラストで表示できるという特徴があるため、反射させたり、バックライトの必要がなく、薄型で、軽量化ができることが特徴です。


薄型で軽量だと、ゲームや動画などを見ているときに、ぶれにくくなるというメリットがあります。