iPhoneXは7のデザインを継承しパワーアップ

これまでのiphone4以降のシリーズでは、モデルナンバーの付いた製品がリリースした後で、マイナーチェンジをしたsの付いたモデルがリリースされており、一つ前のiphone6とiphone6sでは、本体のサイズやデザインは全く同じですが、チップセットがA8からA9に変更され、処理能力が大幅にパワーアップするなどしたことから、iPhoneXも、iphone7のデザインを継承しつつ、パワーアップすることが予想されています。もっとも、一方でリリースされるiphone8が、ハイエンドモデルになるという位置づけから、iPhoneXは、スペックも、価格帯も、7と8の中間程度のラインの製品になることは間違いなく、利用目的に合致し、少しでもリーズナブルにiphoneの優れた性能を体感してみたいというユーザーにとっては、iPhoneXが、ちょうど良い製品となり得る可能性を秘めています。

また、6から6sへのマイナーチェンジと同じように、デバイスのサイズやデザインをそのままに、内部のパーツが刷新されることが事実であれば、これまでにリリースされているiphone7用のケースや、液晶保護フィルムをはじめとするアクセサリー商品を、そのまま利用することができ、デバイスを手にしたその日から、既に出回っている商品ラインナップから、豊富な選択肢が与えられている状態からのスタートとなるため、同時期にリリースが予想されている競合他社のデバイスに勝利するための、大きなアドバンテージにもなり得ます。iPhoneXデザインの特徴はウォータードロップと言われる丸い水滴型デザインと表と裏がガラスで覆われているデザインが特徴となります。
ベゼルは薄くなるということと素材も変わることになりますが、これまでにない特徴的なデザインになります。

iphone7から搭載された機能としては防水性能がありますが、その機能はより強化されて最高レベルになるということで水の中でも使用することができる基準となります。

画面には有機ELディスプレイが採用されるようになりその特徴である発光ダイオードによってバックライトが不要となります。

バックライトが不要となるために薄くすることができるようになり、バッテリーの消耗も少なくなります。

iPhoneXではワイヤレス充電が採用されるということで離れた場所でも充電ができるようになるために利用範囲も広がることになります。
iPhoneXは認証機能としてセキュリティを向上させるために指紋認証以外に顔認証と虹採認証機能が追加されます。



指紋認証だけではセキュリティに不安という場合も他の二つを組み合わせてセキュリティを高めることができます。
指紋認証はこれまでホームボタンがありましたがホームボタンが廃止されることになり背面で指紋認証ができるように音波を使用して認証を行うことができるようになります。



プロセッサーはA11が採用されるということになり処理能力も向上します。



デザインも一新し新しい機能も期待できるiPhoneXなのです。